本文へジャンプ

ホーム > メールマガジン

メールマガジン

SBDが毎週木曜日に無料で発行する、最新のCAE/解析製品情報や使い方ノウハウが満載の「SBDメールマガジン」のご紹介を致します。マンスリーカレンダーのプレゼント情報も併せてご覧下さい。

  • メールマガジンのご登録はこちらのフォームから
  • メールマガジンバックナンバーはこちらから
メールマガジン最新号サンプル

SBDメールマガジン読者のみなさま、こんにちは。

関東各地では暑い日が続いていますね。
今年の関東甲信地方の梅雨明けが6月29日と発表されました。
6月中での梅雨明けは初めてとのことです。
梅雨の長雨もイヤですが、真夏日続きもツライですね。
皆様も体調にはお気をつけください。

さて、7月に入りましてSBDは様々なイベントセミナーを企画
しております。
ここでは、「構造最適化x3Dプリンターで製造を変える!」
セミナーを紹介させて頂きます。

https://peraichi.com/landing_pages/view/kabukuseminar

弊社では構造最適化ソフトの販売を開始しましたが、色々と
苦言を頂くことがありました。
トポロジー最適化は良いアイデアを得るのには素晴らしいが
製造要件(金型から抜けない、切削加工できない)を満たして
いないので現実的ではない。3Dプリンター向けだね。
とよく言われる事があります。

置き換えると、構造力学的に強く軽い究極的な形は現在の大量
生産には向かない形状になる場合があるという事です。
ある設計・最適条件に対してとても理想的な形状なのに、大量
生産には向かないから、トポロジー/形状最適化は使用できない。
従来の設計・製造方法の観点から、当然の判断だと思います。

しかし、その3Dプリンティングの技術は年々進化しています。
実用に耐えうる強度を持った金属やファイバー入りの材質が
続々と開発されています。
また、自動車のMINIでは、自分でデザインしたパーツを取り付け
られるカスタマイズサービスを開始しています。
これには、3Dプリンターが使用されています。

このように海外では3Dプリンターをうまく活用して新たな製造法
やサービスとして着々と進歩しています。

長くなりましたが、今回のセミナーでは3Dプリンターの受託製造を
行っている「株式会社カブク」主催のセミナーとなっています。
株式会社カブクは国内・海外での3Dプリント工場ネットワークを
持っており、試作だけではなく量産品まで幅広く対応しています。
海外での最新事例の紹介や量産への3Dプリンター活用方法を紹介
されます。

従来の3Dプリンターの見解や知識を代えてみたい方、必見です。
3Dプリンティングが今後どのようになっていくか、最新の動向
を知れる貴重な機会だと思います。
弊社からは、HiramekiWorksと3Dプリンターを活用する方法を
ご紹介します。

無料となっておりますので、お早めにお申込みください。
https://peraichi.com/landing_pages/view/kabukuseminar

それでは、引き続き今週のSBDメールマガジンをお楽しみください。

         

[ 2018/07/05 from N.O ]


┏━┓
┃1┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┗┳┛【関西だより】Vol.9 - 大阪府北部地震
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

関西では、先日、大きな地震が発生し「ものすごく」驚きました。
報道によると発生日時は6月18日(月)7時58分、震源は大阪府北部の深さ
約13km、内陸部の直下型地震でマグニチュード約6.1の規模。
そして、大阪府内で観測史上初となる最大震度6弱を記録したそうです。

当日、通常であれば朝の通勤電車に揺られている時間でしたが、この日は特別で、
実は前夜に「ぎっくり腰」をやってしまい、お休み確定で横になっている状況で
「ドカン」ときました。この時、腰痛で動けず非常に「トホホ」な状態でしたが、
幸い大きな被害もなく、おかげさまで無事でした。
この地震で被害にあわれた方々、いまだ避難生活の方々には、お見舞い申し上げます。

今回、大きな地震を体験し、あらためて弊社の創業時から現在まで継続している
建築・建設系の技術、安全安心の技術、人命を守る技術について考えさせられました。
これは主に、別部門にて提供している技術となりますが、ご紹介しておきたいと思います。
個人的な私見での弊社Web抜粋情報となりますが、下記ご参照ください。

----------------------------------------
・会社沿革(構造計画研究所:ヒストリー)
 https://www.kke.co.jp/corporate/historyoutline.html
「地震国日本の耐震設計を、コンピュータによって一新せずしてどうするのか?」
・理念(構造設計について)
 http://www4.kke.co.jp/stde/organization/index.html
・建築構造物の耐震検討
 http://www4.kke.co.jp/kaiseki/service/architecture/arc_01.html
・実績例(六本木ヒルズ、他)
 http://www4.kke.co.jp/stde/service/skyscraper.html
・災害のリスクマネジメント(リスク評価、BCP[事業継続計画]、他)
 http://www4.kke.co.jp/kaiseki/service/disaster/dis_02.html
・構造計画研究所が提供する<建築、建設系>解析ソフトウェア
 http://www4.kke.co.jp/kaiseki/software/index.html
----------------------------------------

最近の地震想定では、地震は予知できない、どこでも起こる可能性がある。
このため、防災・減災を意識した日頃の備えが大切と言われているようです。
 (参考)地震予知に対する地震学会の立場 [日本地震学会Web]
     http://www.zisin.jp/faq/faq02_15.html

建築・建設関連はもとより、製造業関連等々もふくめ、何事にも可能な限りさまざまな
多くの想定をし、シミュレーション検討した上で必要な備えをすることで、安全安心な
世界に近づけていく努力の重要性を、あらためて感じました。


[ 2018/07/05 from CARP25 ]

┏━┓
┃2┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┗┳┛【粉体】クラの粉体シリーズ Vol.35 - 非球形粒子の粉体シミュレーション
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

こんにちわは、クラです。

本日は、非球形粒子の粉体シミュレーションついて述べたいと思います。
非球形を模擬する方法として、

・球形粒子を結合させて非球形粒子を模擬する
・多面体で非球形粒子を模擬する

などの方法がございます。
これらのシミュレーションは、石ころのように大きな粒子で粒子数が少ない場合に
適用されることが多いです。球形粒子と比べると、取り扱える粒子数が大幅に少な
くなるためです。

その他の方法として、球形粒子のシミュレーションに回転抵抗モデルを適用する方
法がございます。回転抵抗モデルとは粒子の転がる方向と逆向きにトルクを与える
手法で、非球形粒子の転がりにくさを模擬できます。

iGRAFでは、回転抵抗モデルと粗視化モデルを併用できるため、非球形粒子でかつ
粒子数が多い場合にも計算が可能です。
ただし、米粒のように異方性がある粒子は、回転抵抗モデルで模擬することは困難です。

さて、下記の日程でiGRAFを実際に操作できる体験セミナーを開催しております。

=========================================================
【東京】 :8月 2日(木) 13:45~17:30
【大阪】 :7月27日(金) 13:45~17:30
【名古屋】:7月31日(火) 13:45~17:30
詳細:http://www.sbd.jp/news/igraf.shtml
粉体・混相流シミュレーションソフトウェア「iGRAF」:
http://www.sbd.jp/product/netsu/igraf.shtml
=========================================================

受講料は無料となっておりますので、奮ってご参加いただけると幸いです。

それでは。

 

[ 2018/07/05 from クラ ]


┏━┓
┃3┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┗┳┛ユーザーフレンドパーク Vol.486 - 新たな手法で金属プリンターも普及する?
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

さて、前回はカーボン対応の3Dプリンター「Markforged社MarkTwo」について概要を
ご紹介させて頂きましたが、今回は同じくMarkforged社がリリースしている新方式の
金属プリンター「MetalX」をご説明していきます。

弊社にも8月以降にデモ機材が届き、金属造形のベンチマークもスタートできる状態と
なります。
ちなみに7/11(水)から13(金)までの3日間、ポートメッセなごやで開催される
「人とくるまのテクノロジー展」にもミルトス社ブースにて弊社も出展し、
そこでは名古屋初お披露目となるMetalXも実機を展示いたします。

https://expo-nagoya.jsae.or.jp/
http://www.markforged.jp/metal-x/

新たな金属積層法として、ADAM(Atomic Difusion Additive Manufacturing)という
新しいコンセプトの技術で金属粉末を閉じ込めた樹脂フィラメントを従来の
熱溶解積層法(以下FDM方式)で積み上げていく手法が米国のMarkforged社はじめ
いくつかの企業から公開されました。既に確立されている技術の金属粉末射出成型法
(以下MIM技術)を3D積層と融合させることで、今までの金属プリンターで課題となって
いた積層造形時の残留応力問題やサポート除去工数の増大化、装置の高コスト化などを
大幅に解消できる可能性が出てきました。

造形後のバインダー焼却時に発生する約30%の収縮も同梱のソフトウェア上で高精度に
管理され、焼結後の金属パーツは99.7%の高密度を実現すると言われています。(こちらは私たちがデモ機を使って検証します。)

サポート材はセラミックライクな特殊材を用いており、焼結後にセラミックサポートを
粉砕して簡易に取り出すことが可能となり、これまでの金属3Dプリンターとは
全く異なるアプローチでMIM技術の得意としている高精度/高密度部品の積層造形が実現します。

一つの積層造形法として3Dプリンター業界では注目されています。
私たちデータ・デザインもこの夏以降で3D積層造形に関するテクニカルラボを開設予定です。
その際には解析結果も考慮した新しいデザインの造形をいろいろと試してみたいと思います。

乞うご期待!!


[ 2018/07/05 from Data Design ]

┏━┓
┃★┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┗┳┛ご意見・ご要望・解析のお悩み投稿
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

皆さまからの本メルマガへのご意見、ご感想、ご要望、リクエスト、
回答してほしいお悩みを募集しております。

https://kke.lmsg.jp/form/11672/9pv7gBCR

皆様からのご意見・お悩み、お待ちしております!

        

[ 2018/07/05 from KURODA ]

──────────────────────────────────
──◆◇ イベント情報 ◆◇─────────────────
──────────────────────────────────
◆無償セミナー◆
◇構造最適化×3Dプリンターで製造を変える!
SOLIDWORKSユーザーに贈る!ものづくり革命セミナー ◇
今話題の構造最適化や3Dプリンターを製造の現場に活用して
 いくテクニックをプロが解説するセミナーです。
 日時:2018年7月10日(火)14:00~17:30
 場所:AP品川10F Dルーム
 会費:無料
https://peraichi.com/landing_pages/view/kabukuseminar

◇FloEFD フォーラム~フロントローディングCFDの最新動向と今後の展望~◇
 ロシアからFloEFD開発元のプロダクト統括ディレクターを迎え
 海外での事例や、FloEFDが今後目指す開発の展望についてご講演頂きます。
 【名古屋】2018年7月25日(水)13:30~17:20
 【東 京】2018年7月27日(金)13:30~17:20
 【定 員】各60名 ※先着順
 【参加費】無料
  http://www.sbd.jp/news/floefd_forum2018.shtml

◇自動設計ソフト Tacton Design Automation体験セミナー◇
 流用設計や編集設計を減らしませんか?
 簡単な操作性で好評頂いている自動設計ソフトTactonの体験セミナーです。
 【東 京】2018年7月18日(水) 13:30~17:00
 http://www.sbd.jp/news/sw_tw_handson.shtml

◇流れをコントロール!水槽ワークショップ◇
 熱流体ソフトSOLIDWORKS Flow Simulationを活用して
 水槽の流れをコントロールします。
 【東 京】2018年7月10日(火)
 【大 阪】2018年7月13日(金)
【博 多】2018年7月24日(火)
【名古屋】2018年8月01日(水)
 場所:株式会社構造計画研究所
 http://www.sbd.jp/news/watertank-ws.shtml

◇iGRAF 製品紹介&体験セミナー◇
 粉体および混相流シミュレーションのために開発された
「iGRAF」の機能や解析事例についてご紹介します。
 演習では、実際に「iGRAF」を操作体験できます。
 【大 阪】2018年7月27日(金)13:45~17:30※定員5名
 【名古屋】2018年7月31日(火)13:45~17:30※定員5名
 【東 京】2018年8月2日(木)13:45~17:30※定員10名
 ※受付開始13:30~
 場所:株式会社構造計画研究所
 http://www.sbd.jp/news/igraf.shtml

◆有償セミナー◆
◇製品設計に活用するための構造解析の理論と実践講座(3回コース)◇
 ■構造強度解析基礎知識編(1日目)
 ■解析モデル化、結果評価実践編(2日目)
 ■設計、検証実習編(3日目)
東京・大阪で開催いたします。
 詳細は↓ここから
 http://www.sbd.jp/news/post_1.shtml

◆有償トレーニング◆
◇ 設計者のための熱流体解析入門トレーニング(初心者向け)◇
 「熱流体解析って難しそう」と考えている方、
 電子機器の熱の問題で困っている方、熱流体解析を学んでみませんか?
 【流体解析編】東 京: 2018年7月11日(水)
 【熱解析編】 東 京: 2018年7月12日(木)
 場所:株式会社構造計画研究所
 http://www.sbd.jp/news/netsunyumontraining.shtml

◆定例セミナー(無料体験)◆東京・名古屋・大阪で開催
◇SOLIDWORKSシリーズ製品の解析体験セミナー◇
 構造最適化セッションが追加されました。
 http://www.sbd.jp/news/ws-solidworkssimulation.shtml

◇設計者向け熱流体解析 FloEFD体験セミナー◇
 高い操作性と、高度な技術に裏付けされた自動計算技術。
 その魅力を、この機会に実際に体感してください!
 http://www.sbd.jp/news/floefd_seminar.shtml

◇粒子法Particleworks体験セミナー<流体から粉体まで>◇
 高粘性撹拌解析や流体-粉体連成解析が体験できるセミナーです!
 http://www.sbd.jp/news/ryusihou_taiken.shtml

◇粉体解析Granuleworks体験セミナー
 粉体(化学材料、食品、薬品)の撹拌・混合・偏析、圧縮成型、
 充填、粉体(樹脂)の搬送、土砂の分級などの解析ソフトの
 体験セミナーです!
 http://www.sbd.jp/news/granule_taiken.shtml


         

[ 2018/07/05 from KURODA ]

★★・‥ 編集後記 ‥・・‥...―━―...‥・・‥...―━━━―...‥・★★
先週ブルーベリー摘みに行ってきました。ブルーベリーには小さい木と
大きな木2種類があり、味も微妙に違います。小さい木と大きな木の実を
ミックスして3,4個いっぺんに食べると何とも甘く超美味しい!!!
みなさまにもおススメです!仕事で疲れた目にご褒美を。。。

      

[ 2018/07/05 from KURODA ]


*** おまたせしました!2018年SBDマンスリーカレンダー ***
ユーザー様が撮影された季節を感じる壁紙用マンスリーカレンダー
☆ 2018年カレンダー ☆
http://www.sbd.jp/mail_magazine/present/

### SBDプロダクト ###
SOLIDWORKS(Flow)Simulation -----------------構造(熱流体)解析
SOLIDWORKS Plastics --------------------------樹脂流動解析
EMS ------------------------------------------電磁界解析
FloEFD ---------------------------------------熱流体解析
FloTHERM -------------------------------------電子機器専用熱流体解析
Particleworks---------------------------------粒子法流体解析
TactonWorks-----------------------------------自動設計ツール
HiramekiWorks---------------------------------トポロジー最適化・ 形状最適化
iGRAF-----------------------------------------粉体・混相流シミュレーション

このメールマガジンについて
 ○配信登録・変更・停止・バックナンバー閲覧
 http://www.sbd.jp/mail_magazine/
 ○ご意見・ご感想
 https://www.sbd.jp/cgi-bin/form_entry.cgi?n=10114
 ○お問い合わせ
 mailto:sbdmagz@kke.co.jp

━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...

 Copyright(C) 株式会社 構造計画研究所 SBD営業部
 〒164-0011 東京都中野区中央4-5-3
 TEL03-5342-1051/FAX03-5342-1055
 http://www.sbd.jp
 発行責任者:角家強志 編集担当:黒田幸子
 ※掲載記事の無断転載を禁じます。本内容の記述の内容を実問題に利用
 される場合、弊社の承諾は不要ですが、使用者の自己責任でご利用ください。

━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...

おしえて い・ろ・は 最新情報

【熱流体 Q&A】030 2014.10.09 「ユーザ会では熱設計力向上トラックへ!」

【構造Q&A】029 2014.10.02 「接触可視化」

詳細・その他のバックナンバーはこちら

マンスリーカレンダープレゼント

New!!
2018年07月のデスクトップフォトカレンダー
撮影者からのコメント

涼風
   静かな山里の朝、、、
   モネの池を吹き抜ける風が心地よい

2018年07月のデスクトップフォトカレンダー


ページトップへ戻る